株式会社Ace注文住宅・建売

A-styleロゴ

ベタ基礎と布基礎の違い

みなさまこんにちは。

今日はベタ基礎と布基礎のメリットとデメリットについてお話させていただきます。

まず、ベタ基礎について…

ベタ基礎とは、立ち上がり部分と床一面を、鉄筋コンクリートで一体化し、基礎全体で家の重みを支えます。「支えている面が広いため荷重を分散でき、布基礎より耐震性という面で優れていると言えます。」

【メリット】

・耐震性に優れる ・湿気が建物まで上がらない ・シロアリ被害を防ぎやすい ・地盤沈下をおこしにくい。

【デメリット】

布基礎に比べるとコストがかかる

 

次は布基礎…

上の図を見るとベタ基礎と同じように思えますが、荷重のかかる部分は立ち上がり部分のみです。鉄筋も立ち上がり部分にのみ入っているため、布基礎は点で支える構造になります

【メリット】

鉄筋・コンクリートの量が少ないためベタ基礎に比べると多少コストが安くなります。

【デメリット】

・耐震性がベタ基礎に比べ低くなります ・湿気が床下にこもる可能性があり、シロアリの被害の可能性が上がります ・地盤沈下し易いと言えます(現在では地盤が軟弱な場合地盤補強をするため殆どの場合地盤沈下はしません。)

以上が基礎の違いによるメリットとデメリットとなります。

現在では殆どの建築会社がベタ基礎を採用しています。弊社でもベタ基礎が基本仕様となっております。

                                 記事 : 奥田 英喜